伝統工芸の村と田舎町のアンティ−ク
 
日時: 3月24日(日)、30日(土)
出発: スクムヴィット・ソイ16より朝7:30
帰着: エムポリアム前に17:00予定
費用: 2400B(二階建てバス 昼食  午後のお茶 資料)
  10歳未満 1600B 6歳未満 1400B 2歳未満 1000B
   
 
 
 
 
 
 
 まずは寝釈迦像の寺を訪ね 伝統工芸の村で竹籠作りを観て 村を歩きます。籠は現地値で買えます。その後はかつて蒸気船でにぎわった波止場町で数あるアンティク屋をまわり 19世紀末から20世紀初の水運事情をしのび 馬魚を賞味します。馬魚という名のいわれは・・・レヌカーの語りをお聞きください。帰りはチャオプラヤー河畔のフタバガキの樹下の宮廷人形工房に寄ります。中部タイ平原の風光と民芸に親しむ 楽しい旅にどうぞ ご参加ください。
 
 
 
 
 




Copyright(C) 2019.02.14 Renuka.M