レヌカーと一度は見よう!仏教美術の源流ヒンドゥー美術の古典:
        デカン高原の石窟寺院:アジャンターとエローラ
 
 
 
 
 
 
 
費用: 52750バーツ
  (ジェットエアー国際線 国内線往復 上記の観光 宿泊4泊 食事 資料)
  ヴィザ取得は各自で サーチャージ別途 シングル料金
  4泊で6500バーツ                   レヌカー同行
   
 
東南アジア美術の源流はインドにあります。

西北インドのデカン高原7月の爽やかな風と明るい陽差しの中で原始仏教、ヒンドゥー美術の宝庫なる石窟寺院を訪れ 偉大な時の流れに我が身をゆだねましょう!

 インドは雨季で ほどよく湿った石原に カニカーの白花が散っています。バンコク・エアウェーズ/ジェット・エアーで効率良い旅程が組めました。ばっちり ゆったり 世界遺産の美に浸って 連休最終日の夕方にはBKKに戻っています。お勤めにも 勉学にも 支障は出ません!
 
 
7月26日(木) 20:55 PG4333にてスワンナプーム発 ムンバイ着 23:59
                                   ムンバイ 宿泊
27日(金) 朝はゆっくり 朝食 8時半出発 ムンバイ観光 大英帝国の軍需都市ムンバ
  イは米国の南北戦争のおかげで 一躍木綿成金のぴかぴか都市となりました。
  ボンベイ・ゴシックとも呼ばれる建築が面白い そしてインド・サラセン様式
  のインド門 好みは別にして 一応見学 タージマハル・ホテル 15:30
  のジェット・エアーにて アウランガバードへ  ムガル皇帝の織物ヒムルー
  の工房見学                  ラーマ・インターナショナル泊
   
 
28日(土) 1世紀の石窟:世界遺産アジャンターへ スメーダナ青年の燃灯仏供養と
  本願:仏伝の起源が刻まれた19窟壁面 白い蓮華手観音と青い金剛菩薩画
  彫刻は寝釈迦から仏塔礼拝堂の如来椅像 鬼子母神 原始仏教から密教までの
  仏教美術をアジャンター洞窟で日満喫します アジャンターの落日
                      宿泊は 同じ高原上のエローラ洞窟前
   
 
 
29日(土) 密教洞窟 7本の菩提樹下の7仏  八難救済菩薩像 食堂の大テーブル
  ヒンドゥー窟の圧巻は16窟カイラーサ寺院 バンティアイ・シュレイの発想
  はここからか・・・・・よく ここまで彫り下しましたねぇ 見上げる岩山
  美しい女神たちの宝石箱」24窟 、元祖[牛上の二人]像 ジャイナ窟
  夕方まで見て ゆっくりアウランガバードへ 途中アウランゼブの墓に表敬
                             ラーマ・インターナショナル泊
   
 
 
30日(日) 06:50 アウランガバード発 ジェットエアーにて ムンバイ経由
                     PG4336にて18:50 スワンナプーム着
   
 
 
 
 
 




Copyright(C) 2018.05.15 Renuka.M