タイの陶器入門:水瓶の里ラーブリー
 
 
日時: 5月19日(土)
出発: スクムヴィット・ソイ16より 朝7時30分
帰着: エムポリアム前に午後5時半予定
料金: 2500B(長尾舟 窯元見学 バス 昼食 資料 午後のお茶)
11歳未満 1600B
 
 
 
タイの古都の中でもラーブリーは良い土に恵まれ 古くから華僑の水瓶工房がありました。大東亜戦争以前からラーブリーといえば 水瓶とタイ全土に名声はなりひびいていました。爽やかな風に吹かれて アムパワーからメクロン川を舟で上り 波止場からまず庶民の水瓶工場へ直行します。
中国伝統の手で叩いて成形する瓶に 指絵の竜が指で描かれます。
美味しい昼食後は皇室御用達の芸術工場へ。
これも有名なタイ・ホンタオで 現地値で買い物できるのも楽しみです!
 
 
 
 
 
 




Copyright(C) 2018.04.12 Renuka.M